特殊な技術でテラヘルツを【満月の布】に封じ込めました。




この企画は期間限定です。
ぜひ一度その効果をお試しください。
特殊な技術でテラヘルツを【満月の布】に封じ込めました。




21世紀の最先端エネルギー

テラヘルツ波とは

毎秒1兆回振動する周波数帯のことです。

波長では、3~1,000μ?(ミクロンメートル)、遠赤外線のサブミリ波領域の電磁波です。

この電磁波には、X線やγ線などの縦波と遠赤外線やテラヘルツ波
などの横波があることがわかっています。

縦波のX線やγ線は、細胞を劣化、損傷するという副作用が問題になっています。

しかし、このテラヘルツ波を照射すると、物質が共振現象を起こし、体温が上昇したり、
動植物の生育を促進し、生命力を高めることがわかっています。

動物、植物、鉱物等の自然界のすべての物質は原子や分子で構成されています。
それらの分子や原子は、自然界や宇宙のエネルギーを吸収することに よって振動しています。
この振動が波(テラヘルツ波)を発生しているのです。

自然界のすべての物質が放射している波のエネルギーは微弱です。

その微弱な波が、波動がすべての物質の性質を決定し、
宇宙のすべての生命活動をコントロールしています。
生命光線ともいわれています。

従来から良く知られている遠赤外線は、透過性と浸透性はありません。
しかし物質や生体の表面で少し吸収されて、物質の温度を上昇させたり、
植物の成長を促進させたりしますので、成長光線といわれています。

遠赤外線は物質の内部の加熱や省エネ等に利用されています。

遠赤外線より波長が長いテラヘルツ波は、超遠赤外線ともいわれていて、
無機質や有機質の物性を改善し、細胞の遺伝子(DNA)活性化させます。

テラヘルツ波エネルギーは、物質の性質を瞬時に改善したり、
病気を瞬時に改善したり治癒させたりする力があると言われて注目

その結果、テラヘルツ波エネルギーは、物質の性質を瞬時に改善したり、
病気を瞬時に改善したり治癒させたりする力があると言われて注目されています。
テラヘルツ波エネルギーは、その利用コストが安くて技術が簡単なので
医療や食品加工、農業、水産業、通信産業、省エネ等に広く応用できます。

しかも、テラヘルツ波を物質や生体に照射した結果は、
瞬間的に発生するため、誰でも、その効果を確認することができます。

この企画は期間限定です。
ぜひ一度その効果をお試しください。
特殊な技術でテラヘルツを【満月の布】に封じ込めました。



この企画は期間限定です。
ぜひ一度その効果をお試しください。
特殊な技術でテラヘルツを【満月の布】に封じ込めました。

マリモの日 3月29日

今日3月29日は、「マリモの日」です。

1952(昭和27)年のこの日、北海道・阿寒湖のマリモが国の特別天然記念物に指定されました。

阿寒湖のマリモは、1897(明治30)年に当時の札幌農学校(北海道大学)の本科生だった

川上瀧彌農学博士によって発見されたそうです。img

鑑賞作品の内容ご紹介【からむしと麻】

鑑賞作品の内容ご紹介【からむしと麻】

『魏志倭人伝』に苧麻(ちょま)の名で記されている、衣料材料のカラムシ。

同じように古くから利用されてきた麻(おおあさ大麻)。

第二次大戦後、それらは急速に日本中から消えていった。

福島県西部の山間地に位置する昭和村は、沖縄県宮古島と ともにただ2カ所のカラムシの生産地である。そして数少ない麻の生産地のひとつでもある。

カラムシは、イラクサ科の多年草であり、根の植え替えを5~6年に一度する。5月、太い直根から出る側根を切り、 移し植える。

“鑑賞作品の内容ご紹介【からむしと麻】” の続きを読む

友引お話会「麻の布と糸のお話・伝統を繋ぐとは」

友引お話会「麻の布と糸のお話・伝統を繋ぐとは」
https://www.facebook.com/events/1001600063266988/

不思議な布 「満月の布」の 本物の麻のお話と
民族文化映像研究所 映画作品63の
「からむしと麻」とのコラボ鑑賞会です。

当日は満月ですので、満月の布の麻の布と糸のお話を聞くにはもってこい。
そして麻の貴重な研究映像である本作品を一緒に見ることができる機会はまたとありません。

ご予約は
http://form1.fc2.com/form/?id=914809

参加費は888宴(別途ワンオーダー)となっています。
できればおつりのないようにおもちください。
おおあさ大麻大学の学生は、予約時にお伝えください。
八八園引きとさせていただきます。(追記:園も宴も意味は円と同じです。)

★4月18日(友引)★
☆18時45分から ☆

1、麻の布と糸のお話(一部)
語り部 イノグチタカハル(満月の布創始者、おおあさ大麻大学学長、ホリスティクライフ提唱者)

伝統を繋ぐの意味


2、「からむしと麻」鑑賞
とても興味深いドキュメンタリー映像です。
見たあとに深くこころに刻み込まれること、間違いない映像作品で記録映像です。

3、伝統を繋ぐの意味(2部)
語り部 イノグチタカハル(満月の布創始者、おおあさ大麻大学学長、ホリスティクライフ提唱者)

素宗宇宙空繋

ご来場お待ちしております。

もう花粉症が大変という方に。 満月の布 のマスクを!

もう花粉症が大変という方に。

満月の布 のマスクを!

ところで
スギ林の面積は全国の森林の18%、国土の12%を占めています。
花粉症の患者の約70%はスギ花粉が原因。

北海道にはスギ花粉飛散は極めて少なく、沖縄にはスギが全く生息していません。

関東・東海地方ではスギ花粉症患者が多く見られるそうです。
それはスギの人工林が多いのでスギ花粉が多く飛散するそうです。

主な花粉の飛散時期つまり症状が出現する時期はスギ、ヒノキなどの樹木では春が中心ですが、イネ科の場合は初夏に、キク科の場合は真夏から秋口に飛散するそうです。

もう春が憂鬱な方は特におすすめ

http://shop.shizenkaiki.com/?pid=94489082