ヘンプって何??

 

ヘンプ(Hemp)は大麻を 原料として作られた織物を言います。私たちが「麻」と呼んでいるものには「リネン」「ジュート」などがあり、その中で一番やわらかく、肌触りのよいものが 「ヘンプ」で指定外繊維です。

大麻は衣料品の麻と混同されることがありますが、麻よりも柔らかくかつ強靭で上等です。 通気性・吸湿性に優れて肌触りが良いことから織られて高級な衣類に使用されます。

ヘンプという、世界中どこででも栽培できる一年草の草から採れる2~3メートルにもなる長繊維です。

4月頃から種をまき、6月初旬頃に収穫します。しばらくそのまま畑に置いて表皮を発酵させた後、表皮はぎ、表皮の表面をさらに取り除き細くそろえ、上質な 繊維だけを選りすぐって糸にしていきます。

とても丈夫なため農薬は必要とせず、たった3ヶ月の間に育ちます。土の栄養をあまり必要とせず成長するため、一度を育てた土地で翌年も育てることができま す。

①極上の肌触りですヘンプの繊維はコットンと比べると、非常に繊維細胞が細かいため、触れてもチクチクせず、つねにソフトです。また、長持ちで使うほどに 風合いが増し、肌に馴染んでいきます。ヘンプの極上の肌触りは疲れやストレスを解消させ充実した睡眠や癒しの時間が得られるため、海外の医療機関でもヘン プを推奨しています。

②吸水・発散性に優れていますヘンプ素材は、肌にやさしく、サラッとして、爽やかな涼感があるのが大きな特性です。それは、コットンやシルクに比べ、吸 水・発散性に優れているため、水分や汗をすばやく吸い取り、かつ発散させるからです。吸水性はコットンの約4倍です。
清潔さを保ちますリネンは天然素材の中で、最も汚れが落ちやすく、洗濯にも強い素材です。繰り返し洗うごとに柔らかさはいっそう増し、白いものはさらに白 くなります。夏には、汗をすばやく吸い取ってくれるので、身体はいつも爽やかで清涼感に包まれます。さらに防カビ性に優れ、雑菌の繁殖を抑制するため、臭 いも抑えます。

私たちは、ヘンプの持つ歴史と特徴のうち、いくつかに注目しました。
1、ソフトな肌触り
2、汗を素早く吸い取り乾燥させる吸水発散性
3、雑菌の繁殖を防ぎ、匂いをおさえるそして
4、ヘンプの持つパワー

ヘンプは日本古来より「依り代」(ヨリシロ)と呼ばれ、邪気を払い、空間や波動の調整をする神聖な植物として、神社の「神宮大麻」をはじめ、仏閣はもちろ ん、日本人の生活の中に深く関わり、長く日本の文化に親しまれてきました。この感性は世界中探しても日本だけです。
また、近年では麻の実から取れる油が大変栄養に優れた健康食品として注目を集めています。
私たちは、機能面でのヘンプの持つ特徴はもちろんのこと、古代から人々が信じてきたパワーにも敬意を表し、ヘンプの素材に行き着きました。

 

 

満月の布 ブランドストーリー

満月の布ってなんだろう?

 

 

 

それはおおあさ(大麻)(英名 ヘンプ)と言う植物が、太陽と大地の自然からいただいた

自然の力をその繊維の中に、閉じ込めることに成功した織布のこと。

暖かい布です。

 

自分らしさを再発見できる布なのです。

 

ですが、私たちは、満月の布を作るのに、なにも特別なことはしていません。

しかしながら、いまや誰もができない(やりたがらない)方法で、製造しています。

 

それは化学物質を使わず、できる限り昔ながらの方法で糸を作り、ゆっくりゆったり手織りのように織り上げることをしているだけです。

このような当たり前のことが、今やできないのです。

 

そして織物は平織りに始まり、平織りに終わります。

ひとつひとつはシンプルだけれど、こだわりをもつ、日本のココロを大切にして満月の布は制作されています。

さてその秘密をご説明いたしましょう。

 

“満月の布 ブランドストーリー” の続きを読む

Le’a Lani(レアラニ)ブランド ストーリー


lealani

Simpleなデザインの楽園着 レアラニ。

シンプルでナチュラルなライフスタイルを大切にする人に向け自然素材の服を提案するブランド。

気取らない自然素材を生かし、あくまでも着る人が主役になる服作りとシンプルな生活で活躍する実用的で美しいアイテム。

「シンプル」着ることによって自分なりの表情が生まれる洋服。

心と体になじむ洋服

トレンドをさりげなく取り入れ、自分らしさを探している人へ

 

lealani

 

ヘンプ

Renature(リネーチャー)ブランドのはじまり

199911月にTK86と米国ヘンプウェアブランドのスタッフMichel Stherland 共同で糸から製品まで一貫管理を目指す、旧態依然としたアパレルの枠にとどまらない、オーガニック・ヘンプ・レーベルとして設立。サブカルチャーの共通言語として展開することを宣言。

 

 

 

また設立当初、中国内にヘンプ栽培地を持ち、糸から作り始める。素材へのこだわりを大事にしている姿勢は、設立当初からである。

 

その後、2002年から活動拠点を日本へ。

 

日本で初めて「ヘンプの普及を目的」に据えたNPO法人の認証を受けた、NPO法人ヘンプ製品普及協会の協力を得て、長野県にてヘンプの栽培を開始(現在休止中)。

代々木公園で毎年行われる「アースデイ」ではヘンプ体験村にも参加し、エコ活動にも積極的に参加。自社で使用する電力をグリーン電力を使用する徹底ぶり。

 

モノ作りは自分の目の届く範囲内で行う、ことを主眼に、各デザインに対し、生産枚数を非常に少ない。全国のサブカルチャーを愛するセレクトショップで販売を開始。

 

 製品の保証についても完全主義を行っており、修理可能な状態であれば、無償で修理するカスタマーサービスもこの頃から始める。

ヘンプデニムを使用したハンドウオッシュや1点1点行うハンドダメージ加工も話題になる。

ヘンプTシャツを使用したグラフィックプリントやアーティストとのコラボレーションも始める。 

自ら店舗を持たず、色々なパーティー会場でも販売を開始。フジロックのアバロンフィールドにて、1年に1回開店する「リネーチャー・ドームテント店」は数少ないカスタマーとのふれあいの場で、リネーチャー関係者一同毎年楽しみにしています。また、最近ではフジロック出演者が出没するスポットとしても話題に。

 

2007年からはRENATURE GREEN WORKSと銘うち、RENATUREが厳選したニューカマーアーティストを紹介したフリーCDの配布を開始。音楽とヘンプの融合を試み始めた。

無理矢理に by TK86

Lea Lani の今季のモデルをつとめてもらった
Sariちゃんが4月の初めにサンフランシスコに行ってしまいました。
短期の留学ですが、サンフランシスコという、僕も好きな場所に行くなんて
彼女はラッキーだなー
うらやましい!!
ならば、この機会にブログ初めて見ませんか?
って半ば無理矢理に
初めて持ったのが、このブログです。
それではみなさんお楽しみください。



←☆レアラニHPへ