もう花粉症が大変という方に。 満月の布 のマスクを!

もう花粉症が大変という方に。

満月の布 のマスクを!

ところで
スギ林の面積は全国の森林の18%、国土の12%を占めています。
花粉症の患者の約70%はスギ花粉が原因。

北海道にはスギ花粉飛散は極めて少なく、沖縄にはスギが全く生息していません。

関東・東海地方ではスギ花粉症患者が多く見られるそうです。
それはスギの人工林が多いのでスギ花粉が多く飛散するそうです。

主な花粉の飛散時期つまり症状が出現する時期はスギ、ヒノキなどの樹木では春が中心ですが、イネ科の場合は初夏に、キク科の場合は真夏から秋口に飛散するそうです。

もう春が憂鬱な方は特におすすめ

http://shop.shizenkaiki.com/?pid=94489082

Indus&Rocks【10th Anniversary T-shirts “Paradise” 】コラボヘンプTシャツ2色展開

Indus&Rocks

リネーチャー
イチオシのハッピーなスリーピースバンド!!

Indus&Rocks

【10th Anniversary T-shirts “Paradise” 】

コラボレーションしたTシャツです。

Artwork:平山達也(tAt)

インクジェットprintで原画の細部まで再現しています。

 

このTシャツが出来るまでをIndus&Rocksの次郎ちゃんからメッセージいただきました。
↓↓↓↓↓

 

“Indus&Rocks【10th Anniversary T-shirts “Paradise” 】コラボヘンプTシャツ2色展開” の続きを読む

冬至と新月の重なる貴重な日の特別なミラクルCH麻炭クリスタルプリント

数量限定でミラクル麻炭を調合していただきました。

 

 

61927420_o6
本当に特別です。
調合していただいたJasmineBodyworksのYasさんからのメッセージです。

『2014年12月22日 朔旦冬至』

冬至と新月の重なる貴重な日
その特別な日に 地元のお不動さんの湧き水を汲み また箱根の御心酔を頂きに行き
そして その夜にミラクルタオル用にCH麻炭を調合いたしました。
陽に転ずる冬至 満ちていく始まりの新月
節目のパワフルなエネルギーをしっかりと入れました。
太陽の復活と月の復活が重なる 19年に一度しか来ない特別な日。
次の朔旦冬至は19年後ではなく36年後の2052年です。
かなりヤバーい体感者 増殖中です。
とりあえず10枚のみの限定発売
販売ページ
http://shop.shizenkaiki.com/?pid=61927420

 

 

<script type="text/javascript">
(function(w, d, s, u, o) {w[o] = w[o] || function() {(w[o].data = w[o].data || []).push(arguments)};a = d.createElement(s),m = d.getElementsByTagName(s)[0];a.async = 1;a.src = u;m.parentNode.insertBefore(a, m)
})(window, document, 'script', '//analytics.cart.st/js/ps_analytics.js', 'psa');
</script>

きものという農業—大地からきものを作る人たち

きものという農業—大地からきものを作る人たち

名著です。

商品の説明
内容紹介
現在、国内の綿の自給率は0%。絹や麻の自給率も10%を切っています。
きものといえば「きれい」や「美人」と良い言葉ばかりが付きますが、その裏では、国内の農業衰退とともに、農薬を目いっぱいつぎ込んで大量生産された輸入原料や石油エネルギーに頼りきった化学繊維に押されて、本来の日本のきものが消えつつあります。

本書はきものを切り口に日本文化を研究している著者が、一見無縁とも思える農業ときものとの関わりに焦点を置いて著わした作品です。
農業といえば「食」を連想しますが、「衣」も日本文化も「農」で成り立っていたことが新鮮にわかっていただけるはずです。
作品の中では、絹、麻、草木染め、和棉と、現在でも土の中からきものを作り続けている人たちを追います。
出版社からのコメント
国内の農業衰退とともに、日本のきものが消えつつある。
「農」といえば「食」を連想するが、古来より「衣」もまた
「農」によって成り立っていた。
農ときものの結びつきから日本の文化が見えてくる。
大地からきものを作り出す人々をカラー写真などで紹介。
きものジャーナリストである著者の渾身の一冊。

内容(「BOOK」データベースより)
絹は蚕がつくる繭の糸。麻は、アサの茎からとる繊維。綿は、ワタの実・コットンボール。光の色、土の匂い、植物の力。そして人の手と知恵。すべてそろって、きものが生まれる。
著者について
中谷比佐子(なかたに ひさこ)
共立女子大学文芸学部卒業。女性誌の編集記者を経て「秋櫻舎」を設立。
きものを切り口に日本の文化、日本人の考え方の基本を学び、
伝承を進めている“きものジャーナリスト”。
農水省蚕糸業振興審議会委員を務めたこともある。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
中谷/比佐子
共立女子大学文芸学部卒業。女性誌の編集記者を経て「秋櫻舎」を設立。きものを切り口に日本の文化、日本人の考え方の基本を学び、伝承を進めている“きものジャーナリスト”。農水省蚕糸業振興審議会委員を務めたこともある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)