着物の良さをまとめてみました

着物の良さをまとめなきゃ駄目だーってことで

カンタンにまとめます。

 

中谷比佐子式 着付けのグループレッスンを企画していますので

ぜひ、参考にしてくださいね。

 

着物はセラピスト!!

  1. 基本、着物は絹でできています。高級品です。
  2. それなりに高い。
  3. 化繊は、本来、その絹を模造して進化してきたのです。それだけ絹にみんな憧れていたんですね。
  4. 絹の道 シルクロードがあったことからもわかりますね。
  5. でも古い着物は家にあるはず。(化繊はダメよ)
  6. いいものは世代を超えて愛されるもの。安物がダメな理由がわかります。
  7. いいものは、直して着ることができます。
  8. 着物は作る時に、生地を切りません。始末するだけで。
  9. 絹はお蚕様が吐き出してくれるその動物性タンパク質からできています。
  10. その絹糸にはセリシンという物質がついていて近年化粧品の素材として注目されています。
  11. 着用したらわかるんですが、着物は締めなければいけないところを「締められる」ってことなんですね。
  12. 全身を包まれる感覚とでもいいますか、守られてる感じ。
  13. 現代医学で重要と言われている部位をサポートしたり解放していることが最近の研究でわかってきています。
  14. 例を挙げますと、肩甲骨と股関節や骨盤を緩めたりサポートしたり。
  15. 尿漏れ経験ありませんか? 子供の頃から着物を着ていた90歳のおばあちゃんは尿漏れがないという事実。
  16. 着物女性は月経血を自分でコントロールしていたという話聞いたことありませんか?
  17. 二十歳の成人式で着た方は「苦しい」といういメージを持っていますが、本来の着付けは違います。
  18. もし苦しかったら、何百年も日本人が着物を着てないですよね?
  19. 着付けが下手な人ほど帯を締めすぎます。(苦しい!!!)
  20. 着物を着ていますと、自然と姿勢矯正になります。
  21. 着物を着ると身の回りの人が優しくしてくれます。(本当)
  22. 着物を着ると自分が大切にされてもいい存在だとおのずと気づきます。
  23. 着付けの時に、補正をしない中谷比佐子式着付け。
  24. 補正をしないのには、ちゃんとその人にあった寸法で着物を仕立てるから。
  25. 日本人にうまれて良かったと思います。

 

 

 

 

 

中谷比佐子先生のホームページには下記のことが書いてあります。これぞ神髄です。

 

 

(株)秋櫻舎はきもの文化研究家、中谷比佐子が主宰する会社です。
きものを深く学ぶことによって気づいた日本人の心のありようを、
日常のあらゆる場を通して伝承しています。


◎きものを大切に思う心があらゆる立居振舞の基本となる
◎美しい着姿と言葉の関係
◎シンプルで体に気もちいい着付け方
◎冠婚葬祭のほんとうの意味とやり方
◎「和」「礼節」そして「愛」きものを着ることで見えてくる様々な日本人の心

 

生きることを美しく、そして充実させるための、
あらゆる方面からの気づきをテーマに仕事をしています。

 

コメントを残す